これって・・・・・

山歩きが好きだ、山と言っても近所の雑木林だったり、近場のそれほど深くない低い山を歩くだけなので、ちょっと長めの、ちょっとハードな散歩みたいなものだ。それでもそれなりに起伏にとんだコースがあったり、とても見晴らしのいい場所があったりして楽しめる。

木々に囲まれて流れる細い川(沢)づたいに歩いていると、前方がやけに明るくなってきた。暫くして、左側の斜面が広範囲に伐採されている場所に出た。見上げると斜面のかなり上の方に、一本だけ木が残されていた。人が腕を水平に横に伸ばしたような形をしている。松の木のように思えた。
伐採作業の際に作られたのだろうか、細い踏み分け道のような道が上の方へと延びていた。木の下まで行けそうだ。よし、行ってみよう。
上り始めると、すぐに息が切れてきた。徐々に高くなってくると、対面の斜面の木々が真冬の感じではなくなっているのが分かる。こんな所をオオタカやノスリが飛ぶことがある。それにこの時期はアトリやマヒワの群れが飛ぶことだってあるし、運が良ければヒレンジャク、キレンジャクの群れが飛ぶ可能性だってある。そうなれば言うことなしだ。そんな事を考えながら上り続ける。
木がはっきりと見えてきた。間違いない、松の木だ。かなりの古木のようだ。孤高の戦士のようだ。どれ位ここにこうして居るのだろうか?
さらに近づいて行く。
あれっ?急に高揚していた気持ちが冷めていくのが分かった。木の根元にゴミらしきものが見えたのだ。今まさに私がしているように、こういう所に上りたくなる人は少なくない。そしてこういう所で一休みして、何かを食べたくなるのだ。景色を眺めながら。
ため息が出る。ゴミは持ち帰ってくれよ、ったく。
このまま引き返そうとも思ったが、せっかくここまで来たのだからと思い直して、松の木の根元へと辿り着いた。辺りは踏み固められていた。
ふーっと息をついて、空を見上げた後で、渋々ゴミに目をやった。
んっ?なんだこれっ?開栓されていない缶コーヒーと缶コーラ、その下に見えるのは萎れてしまっているが、明らかに花束だ。えっ、こ、これって、車の死亡事故現場なんかで見かけるやつじゃん・・・・・。よく見ると帯が解けた線香が・・・・・。
ってことは、誰かがここで死んだってこと・・・・・。ってことは・・・・・。思わず、横に伸びている松の幹を見上げてしまった。ここで、首・・・・・。
下の方から冷たい風がすーっと吹き上げてきた。全身が鳥肌で覆いつくされるのがわかった。ブルブルッと震えが来た。松の根元に向かって手を合わせ、踵を返し、転げるように斜面を下りた。
今日はここまでにしておこう。川づたいに戻り始めたのだが、後ろが気になってしょうがない。あそこで亡くなった方がいたとしたら、その方には申し訳ないのだが、ホラー映画で、後ろが気になって振り向くと、何ともなかったのだが、正面に向き直ると、目の前に・・・・・なんてことを考えてしまった。

何事もなく無事に帰宅した。

DSC_1696.JPG

行く途中で撮った梅の花。シーズン到来って感じです。

初夢

朝目覚めてもハッキリと頭の中に残っている夢を、久しぶりに見た。

大恩人の名前が思い出せなくて頭を抱えていると、兄(故人)が何故かダイアル式の黒電話を持って来て、「電話して聞いたらいいじゃないか」と言う。「それはいい考えだね、サンキュー」と答えて、ジーコ、ジーコ、ジーコとダイアルを回す。その感覚、感触、音になんだか胸が高鳴った。名前を思い出せないのに、すんなりと電話できるなんてとても矛盾していると思うのだが、夢の中の出来事である。耳に押し当てた受話器がひんやりと冷たい。ジリリーン、ジリリーンと受話器から懐かしい音が聞こえて来る。
「はい もしもし」「あっ、もしもし、あのぅ・・・・・」「はい?もしもし どちら様ですか?」「えっと、あのぅ・・・・・」「もしもし もしもし もしもし・・・・・・」

目が覚めた。

大恩人の名前どころか自分の名前が出てこないなんて、そりゃあ目も覚めるわ。もちろん大恩人の名前も自分の名前も直ぐに思い出せた。(笑)
しかし、なんだか嫌な予感がした。ずーっと昔、祖父が亡くなる前日に、夢の中に祖父が出てきたことがあった。2年前に亡くなった兄が出てきたし、ひょっとして・・・・・。
まだ7時前であったが、無礼を承知の上で大恩人に電話を掛けた。「もしもし A○でございます」 奥さんの声だ。「おはようございます。朝早くから申し訳ございません。あの・・・」「あらっ、B○くん、久しぶりねー」
声で私だと判ってくれた。70になろうかという爺さんを今でも君付けだ。嬉しさと安堵で泣きそうになって、声が詰まった。
「あれっ?どうしたの?何かあったの?」「いえ あの・・・・・」逆に心配されてしまった。

夢の話をして、早朝に電話したことを詫びた。その後大恩人とも久しぶりに話すことが出来た。悪い夢ではなかったことに本当に安心した。一日一日をしっかりと過ごそうと、気持ちを新たに出来た出来事であった。

New Image.jpg-195.jpg
今年は初日の出は見ることが出来なかったが、夕方になって晴れてきたので、初日の入りを撮った。
遅ればせながら 今年もよろしくお願いします。

今年もあと数時間

今年もあと数時間となった。コロナで明けて、コロナで暮れるといった一年だったと言っていいだろう。医学や科学がどんなに進歩しても、それを超える未知のものが存在する、誕生するんだなぁと改めて考えさせられてしまった。幸いにも私の周囲には感染した人はいないのだが、油断は禁物である。不特定多数の人と一緒になる場所でのマスク着用は、自転車を離れる際の鍵掛と同じように、必須項目である。おっと、まだあの事件を引きづっているようだ。
ほぼ毎日更新していたこのブログだったが、途中から間隔を空けるようになった。更新しなければと言う妙な義務感みたいなものがあったのだが、このスタイルになってからは、何だか肩の荷が降りた様な気がする。今後はこんな感じで気楽に続けて行けたらいいなと思っている。

New Image.jpg-193.jpg

黄色で派手目の新しい相棒。来年に向かってゴー!

皆様にとって来年がより良き年となりますように。一年間ありがとうございました。

たぶんこれが私にとっての今年最大の出来事だろう

人生ここまでで盗難に遭ったと言えば、雨の日にコンビニでビニール傘を盗まれたことが数回あるくらいで、他にはない。いや、なかった。

が、今日の真っ昼間 自転車を盗まれた、盗まれてしまったーのだーッ!

しょっちゅう行く公園に自転車で出かけた。小さな池があり、その周りにまだ紅葉が残っている木があったので、ちょっと写真を撮ろうと自転車を止めて、池の方へ向かった。前にも後ろにも散歩の人たちがいたので、鍵も掛けなかった。自転車を背にしてしまっていたが、離れたのは僅か数メートルである。5,6コマ、シャッターを圧して振り返ったら、あれっ?自転車が・・・・・・無くなってるーっ!
慌てて周囲を見回すと、誰一人として歩いていなかった。そ、そんな~・・・・・・。さっき歩いていた人の中に、私が間抜け面で鍵も掛けずに、自転車に背を向けて離れたのを見ていた奴がいたのかも知れない。タイミングよく人の姿がなくなったのかも知れない。誰かに聞こうにも誰もいないのである。呆然としていると、また散歩の人たちの姿が見え始めたのだが、時すでに遅しであった。
鍵を掛けなかった私が間抜けなのだが、人の物を平気で盗むような低レベルの人間がたまたまそこを通りかかったのは、なんという運の悪さなんだろう。腹が立ったし、悔しかったが、何よりも情けない気持ちで、泣きたくなった。
近くの交番に行って、事情を説明した後で、盗っ人が見つかったら、この事はなかった事にしてもいいから、思いっきりぶん殴ってやりたいと言うと、お巡りさんに𠮟られた。
「そんな事を言ったらだめですよ。これからは自転車から離れる時は必ず鍵を掛けてくださいよ。それが盗難を防ぐ最も重要なことですからね。」
分かってる、解ってる、判ってるよ、わかってるけどさぁ・・・・・。

New Image.jpg-164.jpg
こんな写真を撮ってた時に、盗まれちゃったんだなぁ。高価な自転車じゃなかったけど(高価だったら鍵を掛けてると思う)、書いている内にだんだん腹が立ってきた。
これが今年の厄払いになれば良いんだけどなぁ。

たまがったー(びっくりしたー)

共に80過ぎのTさん夫妻に2週間ぶりくらいに、近所のスーパーで出会った。奥さんはいつもと変わりなく、上品でにこやかだった。が、Tさんの顔を見て、言葉を失った。顔の右半分がどす黒く変色していて、眼も充血しているではないか。どうしたんですかと言おうとして、ど、ど、ど、と口籠っていると、Tさんはニヤリと笑った。これがまた鬼気迫っているような感じで、さらに言葉を失った。
話を聞いてやっと落ち着いた。内容は以下の通りである。
4日前に二人でお墓の掃除に出かけたとのことだった。隅々まできれいにしないと気が済まないTさんは墓石の天辺を拭こうとして、一段高い所に上がったのだ。奥さんは無理をするな、年内にもう一度息子さんに掃除を頼むからと言ったそうだが、Tさんは自分が生きている間は自分がやると言って、きかなかったそうだ。墓石はTさんが背伸びしてやっと天辺に届くくらい大きなものだそうだ。そうこうしているうちに、Tさんは足を踏み外してしまったのだ。その下で、奥さんがしゃがんで草をとっていたので、Tさんは奥さんを下敷きにしてはいけないと、必死の思いで、身を捩り、隣りの墓石の角に強か顔面を打ち付けたのだ。
「俺が死んでもばあさんは一人で生きていけるけど、ばあさんが死んだら俺は一人じゃ生きていけないからね」
と、Tさんは笑った。だから~、その顔で笑われると、怖いんだって。
まぁ、大事に至らなくて良かった。良いお年をって言葉が聞かれるようになってきたんだな、今年も。

New Image.jpg-166.jpg

アベノマスクの効果

「あれっ?それってアベノマスクじゃないの?」とAさんに訊くと、「そう、カワイイって言われた」と返ってきた。行きつけの飲み屋のおねえちゃんに言われたそうだ。自粛しろよと言いたいところだが、少し大きめで、童顔のAさんのアベノマスク姿は確かに可愛らしくて、思わず微笑んでしまった。別の意味で、アベノマスクの効果があったようだ。
私はまだ使用していないので、探せば何処かにある筈だ。コロナがもう少し収まって来たら、アベノマスクをして、飲みに行こうかな。カワイイと言われるかは、甚だ疑わしいのだが。

New Image.jpg-153.jpg

少し寒くなってきたが、それでもかなり暖かい。私はまだ暖房を使用していない。暖かいからか紅葉(黄葉)の色づきがいまいちよくないが、まだまだ楽しめそうである。

蚊にカーッと腹が立った

昨日も一昨日も蚊に刺された。11月も下旬になる頃なのに。暖かいと言うよりも暑い。もうすぐ12月になるのに、パンツ一丁で外に出ても(出てませんよ 笑)寒くないのだ。今の時期は朝晩は冷えるけれど日中は程よく暖かくて気持ちが良いのが当たり前だったのに、四季が夏と冬の二季になってしまいそうだ。
蚊が元気なのに加えてコロナも勢いを増しているし、今年の冬は恐らく人類史上で最も大変な冬になるかもしれないな。

New Image.jpg-151.jpg

夕暮れは冬っぽくなってきたんだけどなぁ。

猫 ねこに乗る

工事現場などで使用する手押しの一輪車をねこ、猫車と言うが、その由来には複数の説がある。
猫が好んで通る狭い所を通れるから「ねこ」と言われるようになった説が、私的には一番好きだ。好き嫌いで決めることではないのだが。その他の説に興味を持った方は勝手に検索してくれ~い。

New Image.jpg-141.jpg

いつかねこの上の猫を撮ってみようと思っていたのだが、偶然にもそのチャンスが訪れた。このチャンスに私も慌てたが、猫たちもビックリしたみたいで、じーっと見つめられて(睨まれて)しまった。願わくば3匹で寄り添って眠っていて欲しかったな~。でも、とりあえずは満足している。

いつの間にか季節は冬になっていた。

会話

「おめぇ 何やってんだよ、遅刻してんじゃねぇよ」
「おめぇこそ 何やってんだよ」

午前10時半頃の駅のホームでの会話である。断わっておくが、これは女子高生同士の会話である。制服が違っていたので、二人は小、中学校時代の同級生でそれなりに親しい間柄だったのではないかと、勝手に推測した。(何を推測してんだか 笑)

「金もないし男もいないし、おまけにここんとこずーっとテレワークでお父さんが一日中家にいるし、もう八方塞がりって感じだよ。そっちん家は?」

おいおい 男もいないしはないだろう、せめて彼氏と言ってくれよ。それにこの流れからいったら、お父さんじゃなくて親父と言うところだろうよ。八方塞がりって言葉を知ってるのは偉いけど、ちょっと使い方が違うんじゃないかな。って、ツッコミどころ満載じゃないか。

「家は大工さんだからね、大工仕事 テレワークじゃ出来ないっしょ」
「おー そうだったな、大工さんだったな。確かにテレワークじゃ出来ないよな」
「まぁ、ずーっと家に居られたんじゃ、確かにうざったいよね」
「だろう、お母さんもうんざりしてるみたい」
「へっ 愛は冷めたってか」
「んなもん 最初っからねぇよ」
「じゃぁ どうしておめぇが出来たんだよ」
「はぁー それはほら、そこはあれ だよ、バ~カ」
「ギャハハハハ」(二人揃って)

えっ 何々 それはほら、そこはあれって 何?って どこに食いついてんだか。

電車が来た。二人がこれからどんな会話を交わしながら、何処へ行くのかは知らないが、一つだけはっきりしていることがある。不特定多数の(少数でも)人間がいる場所で大きな声で話すことじゃないよ。お嬢さんたち。

New Image.jpg-130.jpg

秋も深まってきましたね。

ガサゴソやってたら

探すものがあって、押入れをガサゴソやってたら、こんなものが出て来た。

New Image.jpg-121.jpg

New Image.jpg-122.jpg

2009年3月まで東京ー熊本間を走っていた寝台特急はやぶさに乗車した時に貰ったタオルである。

2017年2月に故郷である熊本に戻ってきたが、それまでの40数年間は東京で過ごしていた。正月休みなどで帰省する際に最も多く利用したのが「はやぶさ」だった。
飛行機は羽田ー熊本間を1時間30分で行けたが、どうにも足が地についてない(当たり前だ!)あの感覚が苦手で、急を要する時以外は専ら鉄道を利用した。
まだ九州新幹線は開通していなかったので、博多まで新幹線、そこから熊本までは特急有明か特急つばめに乗って帰ることもあった。これも嫌いではなかったが、たまーに、同じ車両に常識をわきまえない客がいると、その客が乗っている間は苦痛以外のなにものでもなかった。携帯電話が普及し始めの頃は車内でこれ見よがしに大声で喋っている客が多くて辟易した。
また、通路を走り回る子供を注意しない、制することが出来ない親にも腹が立った。赤ちゃんの泣き声は、不思議なことに(みんなそうなのかな?)何ともなかったが。
そんな訳で「はやぶさ」の個室を利用することが多かったのである。民営化となり、やがてコスト削減とやらで、食堂車がなくなり、車内販売までなくなってしまった。コストと一緒にサービスまで削減してしまったのである。
そうこうしているうちに、2005年に「さくら」が消え、2009年には「はやぶさ」と同時に「富士」も消滅してしまったのである。

熊本に戻り、金はないが、それに反比例するように時間だけはたっぷりある今、「はやぶさ」や「有明」や「つばめ」が走っていたら、のんびりと田んぼの畦道にでも腰を下ろして、写真を撮るのだがなーと思うのである。



秋 深まる

New Image.jpg-111.jpg

この画像を撮った場所の側に自動販売機があった。買おうと150円投入して、どれにしようかなと考えていたら、トコトコと小さな男の子(2,3歳くらい)がやってきて、一番下の列のボタンを押した。フタを開けてやると、それを取り出して(ブラックコーヒーだった)、私に差し出した。さらにお釣りを手に取ると、投入口に、手を伸ばした。背伸びしても届かなかった。訴えるかのように私の方を見てきた。手を広げると、10円玉を渡して、投入口を指さした。なんとまぁ、可愛らしい手だ。後方から大きな声が。「こらぁ~、ダメでしょう。おじさんが迷惑するでしょう。ごめんなさぁ~い、すみませ~ん」。男の子のお母さんが、頭を下げながらやってきた。「ごめんなさい。それ買い取ります。いくらでしたか?」 お母さんの手には既に小銭が用意されていた。どうやら常習犯らしい。「あ、いいですよ、これを買おうと思っていたので」。男の子に「ありがとうね」と言って、恐縮するお母さんに手を振って、その場を後にした。

コーヒーは暖かった。そんな季節になったんだなぁ。

ツイッギー

New Image.jpg-106.jpg

セイタカシギを見ると、1960年代に登場した人気モデルのツイッギーを思い出す。ミニスカートから伸びた(?)細い脚にビックリしたことを憶えている。